スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

革命vs侵略の崩壊

来月には革命編最終弾「正体判明のギュウジン丸!!」が発売する。
そこで、この革命編というブロックを振り返ってみたい。

このブロックのコンセプトは「革命vs侵略」だ。
革命は相手の攻めに応じて能力を高める。
侵略は攻める時の能力を格段に上げる。
このコンセプトが間違っていたのでは、と考えるようになった。

侵略というシステムはとても斬新で様々なデッキに採用され、新たなデッキタイプも生み出してきた。
今、現在の環境でも、赤単侵略、デッドゾーン、サンマッドなどがメタとして存在している。
だが、環境を見渡しても革命をコンセプトにしているデッキが見当たらない。
「ボルシャック・ドギラゴン」は強力な革命軍のカードとしていくつか結果を残しているが、ほとんどが侵略軍に肩入れしているスパイのような有様だ。

そう、この「革命」という能力には決定的な欠点があった。
相手から攻められて真価を発揮するというデメリットが。

ここで、革命編に入る前のメタゲームにおけるトップの集団を見てみよう。
『イメン・ブーゴ』 マジシャンループによる確実なキルルートがあるので不用意に「殴らない」
『ヘルボロフ』 ウェルカムヘルを設置して盤面、ハンドを制圧するまで「殴らない」
『ヘブンズ・ゲート』 ループやワンショットによって相手を倒すので「殴らない」
『モルトNEXT』 モルトNEXT一枚で決める、もしくはオーバーキルを狙うことが出来るので「殴らない」
『カイザー刃鬼』 刃鬼という圧倒的なフィニッシャーがいるので、出すまで「殴らない」

そう、決して下手に攻め込もうというデッキがなかった。
今までの環境の中で1、2を争うほどのワンショット・コントロール環境であった。
つまり環境に「革命」など起きるはずもない。
ただの「やれば出来る子」だ、そんなもの必要とされない。

恐らく開発陣は考えたのだろう、「侵略(ビートダウン)を強化すれば革命の意義も出てくるのではないか」と。
だが、それは間違いなく侵略のパワーが革命を上回ることを意味している。
「革命vs侵略」の構図はハナから崩壊していた。

革命編と名打つほどに革命というシステムは利用されるのだろうか。
最終弾でどんでん返しが起こることを期待している。




追記
ドラグハート強すぎ問題解決策未だ見つからず。
三段龍解カードへし折ったら使えないようにしない?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hazamanma

Author:hazamanma
ハザマと申します。
DMPでビートプレイヤーとして頑張らせてもらってます。
たまーに構築だったりを載せたりするので暇つぶしにでも見ていってくださいな。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。