スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブースタードラフトで輝くカードたち

DMR1928-87.jpg
Heaven'sDiceCSの開催も近くなっており、熱が入ってくるであろうブースタードラフトというレギュレーション。
始めるにしてもドラフトというルールで何を取ってどう組めばいいのかわからない人たちもいると思います。
今回はHeaven'sDiceCSのルールで特に使い勝手の良いカードを各弾ごとに紹介していきます。
(出現率の関係で、出づらいLR、SR、VRは省かせていただきますが殆どは強力なカードです。)

・燃えろドギラゴン‼
侵略のシステムを前面に押し出す&革命のシステムを起動させやすくするためのシールドトリガーの質上げなどがコンセプトとなっています。
ハズレが少ないが低レアリティにぶっ壊れがないパックと見ています。

《奇天烈 レイズ》
ブロックされないWBで半モヤシのオマケつき。
侵略元を複数用意できればこの一枚が優勢を引っ張ってきてくれます。

《獣軍隊 ランボンバー》
ターン終了時にマナに行き再び進化できるWBの侵略者。
利点はマナを急速に伸ばせる所にもあります。

《シールドセイバーサイクル》
特にヘルミッション、チャケが強い。
攻撃に参加できる防御&除去。

《Rev.トリガーサイクル》
特に強いのはギロチン、ミリオン。
優秀な除去であり、防御手段としても。

《侵略者 バロンスペード》
コマンド以外にブロックされないという文面がこれほど強いとは...
打点も高いので早期着地を狙いたい。

《燃えるメラッチ》
ブロックされても殴り返されても死ぬことがない。
進化コスト軽減はオマケ程度に。

《侵略者 ブルンブル》
確定除去を持ったソニック・コマンド。
バトルは強制効果なので注意。

・時よ止まれミラダンテ‼
ハズレの押し付け合いパック。
3コストの進化などは必ず最後に押し付けられるので色配分を崩されないようにそれなりに強いカードを探しましょう。

《アクア警備員 ラスト》
アクアハルカスとして使うもよし、〆に一打点として使うのもよし。
地味に仕込まれた盾をケア出来るのもgood。

《暗黒鎧 ヴェイダー》
言わずと知れたドローソース。
ルール上、山札が少ないことがネック。

《薔薇の玉 ロズウェル》
他の連鎖と違って他文明の生き物も出せる。
ST持ちなのでここから逆転も狙えるだろう。

《知識の玉 ロンロン》
4コスト以下が多いプールでこのカードは優秀なドローソース足りうる。
出来れば2ドローくらいの仕事はしたいところ。

《暗黒鎧 ザロスト》
墓地からも出せるブロッカー。
盾を減らすことに意味があるデッキや墓地肥しのあるデッキのオトモに。

《雪精 エリカッチュ》
STは出来ればいいな、程度で。
確定除去を放てる生き物はなかなかいない。

《時の玉 ミラク》
粘り強いブロッカー。
光の中でもかなりの安定性を作り出すカード。

《フリーズ・チャージャー》
一体フリーズ&ブースト。
腐りづらいのが一番の取り得。

《機術師 ゾローメ》
ST持ちの《勝利のプリンプリン》といえば強さが伝わるだろうか。
何気にコマンド持ちでもある。

《ポイズン・ティー》
序盤のクリーチャーならほとんど潰せる。
進化がアドバンテージを取るゲームなので進化元を潰す戦術は悪くない。

・禁断のドキンダムX
一発逆転パック。
妨害札が多くここで新プランに切り替えるのもアリ。

《三界 ナラカ・マークラ》
攻撃が通れば盾を一枚追加。
パワー高すぎませんかね...

《音感の精霊龍 エメラルーダ》
天門ループで猛威を振るった彼も強カードの一つ。
ただし、このルールでは埋めることのみに専念することが多い。

《ドギラゴン一刀両断》
二体確定除去はやりすぎでしょうに。

《獣軍隊 キャットンファー》
攻撃終了時に1ブースト。
パワーラインも優秀で、サンマッドのお蔭か3コストが多いのも強さの理由の一つ。

《フルフワモケダケ》
全員にガードマンをつけ、このクリーチャーに攻撃させる。
ブロッカーの少ない構築で一番苦労するであろうカード。

《煽動サイクル》
バランやバードマンなどビートのキッカケになるカード群。
ピッケスはそこいらのSR、VRなどよりも優先してピックしなければ自分が殺される(経験談)

《天秤サイクル》
優秀な除去であり受け札。
金縛は自分のお気に入りカードの一つ。

《原始 トゥリオ》
序盤の動きが安定しないレギュレーションなので早期着地するととても強い。
後半は並べ合いになることが多いので、少し優先度は落ちるか。

ゲームの中核を担うのは出づらい高レアリティではなく低レアリティのカードたちです。
ピックが安定すれば理想のゲームプランを作りやすくなるのでシナジーや配分も考えつつ、相手に取られたくないカードを摘み取っていくようにしましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hazamanma

Author:hazamanma
ハザマと申します。
DMPでビートプレイヤーとして頑張らせてもらってます。
たまーに構築だったりを載せたりするので暇つぶしにでも見ていってくださいな。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。