スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GP4th(緑単サンマッド) レポート編

つい先日GP4thが東京都池袋で開催された。
本大会は募集の段階で公式にも「0回戦」と表現されるほどの競争率であった。
運良く出場権を手にしたので4/16(日)に向けて調整することとなった。

【前準備】

では、調整に移る前に自分の所持デッキを確認してみよう。
・緑単サソリス
・緑単ゴエモンキー
・緑単ベアフガン

3bb20cd5.jpg


我ながら終わっている選択肢だ...。
いや、一旦落ち着こう。新弾を見れば何か思いつくかもしれない。


ダウンロード (1) 


コイツ強すぎねーか???
ビートダウンにおいてもループにおいても実質1コス軽い青銅としてのバリューが凄まじすぎる。
結局緑がすごい。


まず初期に立案したのがこちらのレシピ。


4 x ベイB ジャック
4 x トレジャー・マップ
4 x 桜風妖精ステップル
4 x 雪精 ジャーベル
4 x 原始 サンナップ
4 x S級原始 サンマッド
4 x 龍覇 マリニャン
3 x アラゴト・ムスビ
3 x 大勇者「鎖風車」
1 x トンギヌスの槍
1 x 蛇手の親分ゴエモンキー!
2 x 青銅の面 ナム=ダエッド
2 x 天真妖精オチャッピィ
3 x 神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ/遺跡類神秘目 レジル=エウル=ブッカ
1 x 龍魂城閣 レッドゥル/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂教会 ホワイティ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂遺跡 グリーネ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂宮殿 ブラックロ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂要塞 ブルニカ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド


この時点でサンナップがループやビートに使いやすく、流行のナッツ型と差別化を果たせていることを確信する。
だが、このレシピではアグロを取るメリットがそこまで大きいものでは無かったのは明らかであろう。
受け札も無いので大会向けとは言えない。


さて、どうしたものか...
そうやって悩んでいたころ、たまたま黒木氏さんがvaultで殿堂ゼロでプレイしているところを見かけた。
息抜きに別のレギュレーションで遊ぶのもいいかもしれない。
そこで、殿堂ゼロで一番気になったレシピがコレだ。


20170220193910.jpg 


しあさんの「緑単ギフト」である。
こういった色々な搦め手が使えるビートダウンは昔から大好きであった。
そしてこのレシピで強い動きの一つにジャックサンナップヤドック+サンマッドというものがあった。
この動きは何一つ殿堂にかかっていない。
これは早速投入するしかない。


4 x ベイB ジャック
4 x トレジャー・マップ
4 x 桜風妖精ステップル
4 x 雪精 ジャーベル
4 x 原始 サンナップ
4 x S級原始 サンマッド
4 x アラゴト・ムスビ
4 x 龍覇 マリニャン
3 x 獣軍隊 ヤドック
3 x 大勇者「鎖風車」
1 x 蛇手の親分ゴエモンキー!
1 x 「呪」の頂 サスペンス
2 x 神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ/遺跡類神秘目 レジル=エウル=ブッカ
1 x 龍魂城閣 レッドゥル/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂教会 ホワイティ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂遺跡 グリーネ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂宮殿 ブラックロ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂要塞 ブルニカ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 神光の龍槍 ウルオヴェリア/神光の精霊龍 ウルティマリア


ヤドックの性能がおかしい。
発売当初こそ噛み合うデッキが少なかったが、今では確実にターンを稼ぐ手段となっている。
そしてこのデッキはキルターンがループ、ビートともに今まで存在したデッキの中でもダントツに早い部類であり1,2ターンもあれば相手の息の根を止めるには十分である。
これによってかなり強力なビートプランとメタカードを手に入れた。
ほとんど完成と言っていいほどの状態まで来ていた。


だが、まだこのデッキはまだ一つ欠点を抱えていた。
ループにおけるフィニッシャーである。
先程からコロコロとフィニッシャーが変わっているが、どれも納得がいかないものばかりだからだ。
頭を捻っていたところにどこぞの魚から一つの画像が送られてきた。


C8aV8V5VoAEvyiG.jpg 

いやー、とうとう頭壊れちまったか~HAHAHAHAHA








g5394774.jpg 

コイツか!!!


この発見は凄まじい!!
今までのフィニッシャーは、
・1枚で完結しているが自然文明でない
・自然文明であるが単体ではループ出来ない
のどちらかであった。
メイド・リン・ララバイなどはゴエモンキーとオール・オーバー・ザ・ワールドを絡めれば一枚でも済んだが、ゴエモンキーが盾に落ちてしまっては目も当てられない。
鎖風車でも回せるフィニッシャーが必要とされていた。
グレイトフル・ライフはその全ての条件を満たしていた。
次元を1枠喰らってしまうが、ウルオヴェリアを使ったという話はシェアしている仲間たちから聞いたことがなかったので何も問題はない。


全ての意見がまとまった。


C9hDv2XUIAAEDsR.jpg 


4 x ベイB ジャック
4 x トレジャー・マップ
4 x 桜風妖精ステップル
4 x 雪精 ジャーベル
4 x 原始 サンナップ
4 x S級原始 サンマッド
4 x アラゴト・ムスビ
4 x 龍覇 マリニャン
3 x 獣軍隊 ヤドック
3 x 大勇者「鎖風車」
1 x 蛇手の親分ゴエモンキー!
1 x 大神砕グレイトフル・ライフ
2 x 神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ/遺跡類神秘目 レジル=エウル=ブッカ
1 x 龍魂城閣 レッドゥル/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂教会 ホワイティ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂遺跡 グリーネ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂宮殿 ブラックロ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂要塞 ブルニカ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー


納得の完成度。
コレなら上位入賞、更には優勝も夢じゃない。


気付いたら自分の知らないうちに様々な身内にシェアされ始めていた。
ビルダーとしては有り難いことである。


意気揚々と池袋へと向かう。



【GP当日】
一回戦、指定された席へと座る。
二つ隣にはCS会場で会える・話せる・チェキが取れるアイドル、塩見周子が座っているので少し安心した。
彼女も48枚同じデッキをシェアしている一人だ。
しかし安心したのも束の間、塩見周子の目の前に置かれたネームプレートを見てしまった。

「 し あ 」

いきなり頭が上がらない人が現れてしまった。
気になってチラチラとしあさんの超次元を確認する
ボアロ、エウル、エウル、ブルニカ、レッドゥル、ブラックロ、ウルオ
間違いない...
少々違うが基盤はほとんど同じであろう。
試合開始の合図がかかるが、目の前の相手に構ってる場合ではない‼
耐えてくれ‼まっきち‼









結局、自分は一回戦を辛勝したが、まっきちは無残な姿で発見された。
敗因は一つ、じゃんけんに負けたのだ。
この対面が不毛であることはGP前日になってやっと確認したものである。
この対面においてループなんて微塵も必要がない、先に6点ぶつけた方が勝つ。
後手に回ったらどうしようもないのである。


こんな対面起こるわけがない‼と豪語していことが後に悲劇を生み出すとは...





予選の戦績は以下の通りになった。
()内はじゃんけんの勝敗である。


NEXT○(×)
5cバスター○(×)
NEXT×(×)
トリガービート○(×)
5cコン○(○)
NEXT○(×)(フィーチャーマッチ,vs千葉ビートさん)
武装ビマナ×(×)
ドロマーダンテ○(×)


フィーチャーマッチは自分でいうのもなんだが、かなりアツい試合であった。
是非タイムシフトかDigのカバレージを見て頂きたい。


予選結果は6-2、105位予選通過だ。
マッチングしたプレイヤーのうち三名が予選通過というオポーネント的に嬉しい結果となった。




決勝一回戦の相手はWINNERS店長、パタ@いっせー選手であった。
恐るべき相手だが、手の内が割れているのであれば話は違う。
青黒バッシュというデッキは形は違えどTIGHTが回しているのを見て確信した、ヤドックにとてつもなく弱い。
そして何よりこちらの方がフィニッシュにかかるまでが早いのだ、じゃんけんに負けても間に合う。
グレイトフル・ライフが盾落ちしてしまったが難なく殴り切ることに成功する、まずは一勝。


二回戦の相手はagehanto選手、次元を確認しよう。
ボアロ、エウル、エウル、ブルニカ、レッドゥル、ブラックロ、ウルオ








最初はグー‼ジャンケンポン‼


































総合戦績は7-3、じゃんけんは1-9。
ちなみにチームヘルペンタゴンはリーダー、サブリーダーの畳、合わせて14-5であった。


C9hNJsbVYAAb_eM.jpg 

シェアしてくれた畳、ラプト、ナカジマ、ハマチ、まっきち他沢山の身内にありがとう。
みんな口を揃えて「コレが最強のデッキだった」と言ってくれて涙が出るくらい嬉しかった。


みんなと戦えて本当によかった。






















ナカジマ「で、これどうやってループすんの」


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hazamanma

Author:hazamanma
ハザマと申します。
DMPでビートプレイヤーとして頑張らせてもらってます。
たまーに構築だったりを載せたりするので暇つぶしにでも見ていってくださいな。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。