FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッキ構築(ビート編)

card100024961_1.jpg
デッキを構築する時に何を何枚入れるか悩むことが多いと思います。
その指標は人それぞれになると思いますが自分の考えを綴りたいと思います。
新しい考え方などではないと思うので興味がなければお帰りになっても構いません。

『赤単侵略』
4 x 一撃奪取 トップギア
4 x 轟速 ザ・レッド
4 x 轟速 ザ・ゼット
4 x 轟速 ザ・マッハ
4 x 轟く侵略 レッドゾーン
4 x 超音速 ターボ3
3 x 熱き侵略 レッドゾーンZ
3 x 単騎連射 マグナム
3 x 革命の鉄拳
2 x 暴走龍 5000GT
1 x 禁断~封印されしX~/伝説の禁断 ドキンダムX
4 x 閃光の守護者ホーリー

普段使っているレシピを参考に話していきたいと思います。具体例がないと話しづらいので...

まずビートデッキにとって一番大事なのは『安定性』であると思っています。
相手によって動きは変えますが、自分の強みは決して曲げない、根本の動きを出来るだけ多く繰り返すことのできる構築が理想だと思っています。
赤単侵略においては『トップギア、4コスコマンド、侵略』の流れが黄金パターンとなっており、この辺りの枚数に妥協する意味も特にないです。
侵略先はレッドゾーン:ターボ3:Z=4:4:3となっていますが、これにも理由があり、
レッドゾーン:相手依存だが重ね掛けが出来る唯一の進化
ターボ3:自分の動きの幅を広げ禁断解放の足掛かりとなりやすい
Z:どんな相手にも強いが自分のアドバンテージに直結しない
とそれぞれ個性があり、ハンデス系統に対して進化が多めであると動きが緩慢になることを恐れてこの枚数配分になっています。
ザマッハがヒットしづらいですが当たったらラッキー程度で。
単騎連射はビートデッキにおいて間違いなくパワーカードですが、2→4の動きには絡まないので4積みはありえない。
革命の鉄拳は憎き『その子供、凶暴につき』を除去でき、受け札にもなる札ですが、自身の能力でデッキに戻ること、展開を助けないことを考えるとこの枚数。
5000GTの枚数が一番違和感を覚えるもので、ビートデッキにおいて二枚というのは2、3試合に一回引けるか否かという位置づけになってしまい、勿論動きに含まれることもなく、引けたら勝てる盤面があるから最後の筋として採用されてるとしか言えないです。
しかしこの札は一枚で盤面制圧、ものによってはゲームを終わらせることが出来るので多く積む理由もなく、このカードが刺さる相手(黒単、デッドゾーン、サンマッド)は速度がそこまで高いわけでもなく、試行回数を増やせることも考えてこの枚数であると思ってます。
ホーリーは凶悪なトリガーなので4以外の選択肢がないですね。ここで確率を妥協する必要性もありません。

ここまでで枚数配分について概略すると

4枚:自分の動きの要、強力なトリガー
3枚:相手を選ぶメタカード、サブの動き
2枚:一枚引けば勝負を決するが場面が限られるカード
1枚:殿堂カード

といった感じになります。コントロールに比べてそれぞれの役割がはっきりとしているものが多いのでそれを考慮して枚数配分を考えていきましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hazamanma

Author:hazamanma
ハザマと申します。
DMPでビートプレイヤーとして頑張らせてもらってます。
たまーに構築だったりを載せたりするので暇つぶしにでも見ていってくださいな。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。