スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殿堂について

最近はDMに触らずにハースの闘技場なるものに勤しんでます。
ドラフトのようなルールで資産による差が出づらく知識やプレイングによるところが大きいので楽しいですね。

さて、先日のおやつCSではイメンを握りました。
戦績は3-2、噛み合いもそこまでよくなくチーム3-2で予選落ちとなってしまいました。
語るべきことはそこまでないですが、このデッキは初動がこけても割と何とかなる所が魅力の一つだと思います。

で、この間発表された新殿堂。

◆殿堂解除
王機聖者ミル・アーマ
◆プレミアム殿堂
次元流の豪力
◆殿堂
邪帝斧 ボアロアックス
フェアリー・ギフト

フォース・アゲイン

割と妥当だとは思いますが自分の大好きなカードが3つも殿堂に引っかかりました。

・次元流の豪力
今でこそボアロアックスの龍解に使われるパワーカードとしての面が大きいものの、前までは5マナ3打点トリッパー効果としてビートに採用されてました。
このカード一枚でボードと次ターンの展開に干渉するシンプルなぶっ壊れです。

・邪帝斧 ボアロアックス
展開力でこのカードに勝るものはほとんどないでしょう。
今現在でも悪用されていますが、これが一枚になったところでウェルカムヘルほどの制約を受けるようには感じられません。

・フェアリー・ギフト
今回自分にとって一番の痛手になった殿堂です。
このカードは現在、簡易踏み倒しとしてマナロック、マーシャルクロウラーなどゲームを決定づける札として使われることが多く、それらを抑制するための殿堂となったのでしょう。
このカードの見方としては上記のようなものではなく「ハンドのマナカーブを整えるカード」として考えていたところがありました。
赤緑ギフトと言えば今でもそれなりに見るデッキだとは思いますが、このデッキの展開においてはフェアリー・ギフト一枚で意表を突くことも相手の動きに無理矢理合わせて対応力を上げることすら可能にしていました。
一番有効活用されている動きとして「ギフトミランダorカモン→早撃マグナム」が挙げられます。
本来であればマグナムと次元クリーチャーは相容れないものですが、この動きでは自分の理不尽を相手の理不尽でひっくり返すことを不可能にする点、普通ありえない展開を順序を入れ替えて可能にしている点などはこのデッキのこのカードでしか出来ない点だったと思います。
これらのビートダウンはバスターなどによって駆逐されかけていますがまだまだ戦える見込みがあった分とても残念に思います。

新しい環境についていけるのか割と不安です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hazamanma

Author:hazamanma
ハザマと申します。
DMPでビートプレイヤーとして頑張らせてもらってます。
たまーに構築だったりを載せたりするので暇つぶしにでも見ていってくださいな。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。