スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンデスというデッキタイプ

最近DMマジでモチベないです。青黒ハンデスの話だけはメッチャ食いつきますが。
(ハースストーンでアグロデッキ使ってるほうが楽しい)ボソッ

さて、最近流行の青黒ハンデスですが、レシピがどうこうとか特にそういう話はしません。
レシピは人それぞれですし、特にこのデッキはどこに重点を置くかで変わってきてしまいますし。
コンセプトというか、ハンデスというデッキについて考えていることを書いていきます。

青黒ハンデスというデッキは相手のハンドを枯らし、ベララーでロックをかけフィニッシュ手段を整えるデッキです。
つまり、まず相手のハンドを根こそぎ奪わなければならないのですが、ハンデスを撃つためには自分もハンドを切らなければならず、失ったハンドをドロソで補充という動きを繰り返す必要があります。

ハンデス行為は相手の動きを奪うこのデッキのコンセプトです。
ただ、ハンデスを撃つだけでは相手のランダムな一枚と1:1交換をするだけであるということは必ず覚えてください。
間に合わなかった場合は相手の強い動きを狙って撃つこともありますが、何度も繰り返して一つ一つ相手の選択肢を奪うことが勝利への鍵になります。
そしてもう一つ、相手のハンドが枯れた時にこちらのハンドがないのは自殺行為です。
このデッキはあらゆるデッキの中でカードパワーダントツワーストです、トップ勝負なんてやれたもんじゃない。
ちなみにこのデッキの特攻orタッチ×2、バレル&ペットパペットは最強の動きといってもいいです、一気に相手を追い詰めれるので。

では、ドローソースを撃つ意味とは。
ハンドは知識と例えられるようにハンドの数は選択肢の数と比例します。
先程言ったようにハンデスを撃ち続けてハンドが尽きるのを防ぐ、新たなハンデスを手に入れる、フィニッシャーになる超次元呪文を手に入れるなど選択肢を増やす役割を持ちます。
ですが、一番大事なのは先攻になった時のドローソースの役割だと思っています。
デュエルマスターズのルールでは1ターンに一度マナをセットしていくと必ず先攻の手札が一枚少なくなります。
先攻ハンド4、後攻ハンド5の状態から先攻がハンデスを撃ち続けても、先攻4-4=0、後攻5-4=1で後攻のハンドが落とし切れずに息切れ状態になります。
ハンデス相手に無闇にブーストを撃たないという考え方はこの辺りが元ですね。
ハンドの枚数が足りなければ増やせばいい、簡単な話です。
先攻でドロソがなければそのゲームは相手を制圧できずおしまいです、サヨナラ。

ここで、一番話したかった期待の新人《ブレイン・タッチ》について話したいと思います。

ブレイン・タッチ C 水/闇文明 (3)
呪文
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。
カードを1枚引く。

とうとうカード化された探求と略奪の旅。古すぎて覚えてないか・・・
書いてあることは至ってシンプル、1ドロー1ハンデス。
このカードが強いと巷で噂になっていますが、素直に強いとは思えません。
今までのハンデスデッキではハンデスするターン、ドローするターンと分ける必要がありました。
従来の2ハンデス3ドロー4ハンデスみたいな動きがこいつを挟めば2ハンデス3ハンデス4ハンデスという動きを息切れせずにつなぐことが出来ます。
そして、何より有用な多色です。サラバ‼ビューティなんたら‼陰謀と計略の手‼
このカードのおかげで足りない水の枚数をカバー出来るようになりました。
では、何が弱いのか。
上記した強みはそのままひっくり返って弱みにもなります。
ハンデスとドローがセットになっているのでこのカードは相手のハンドが枯れた後は3コスのガードグリップになります。よえぇ。
じゃあ使わないからマナに埋めよう、タップイン。なんだこれ。
え?これ強いカードじゃないじゃん、4にしない。
まぁ強化されたのは確かです。選択肢が増えるのは強化です。

お茶目な新人が入ったのでハンデスライフは充実してます、ありがとうタカラトミー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hazamanma

Author:hazamanma
ハザマと申します。
DMPでビートプレイヤーとして頑張らせてもらってます。
たまーに構築だったりを載せたりするので暇つぶしにでも見ていってくださいな。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。