FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DMGP優勝予想

1プレイヤーの予想なんて「自分のデッキが優勝する」とかいう定型文に決まってる。

タイトル通りに自分の意見を述べたただの独り言の記事に全く意味を見いだせないのでちょっと捻らせてもらった。
今回のタイトルは予定を変更して「公式の作り上げようとしているGP王者」だ。
DM開発部は世に出したいカードは刷って、不都合なものは切って捨てることが出来る。
このデュエルマスターズにおいて神に等しい存在だ。
なら、もちろん自分たちの理想の環境を作り上げることなど造作もないだろう。
公式がどのような環境を作ろうとしているのか。
答えは革命編3弾、4弾、そしてカップ麺にあると考えた。

・禁断のドキンダムX
このパックによって環境に大きく揺さぶりがかけられることになった。
ドキンダムは赤単侵略に最高レベルの突破力を授け、見事に環境トップに引っ張りあげた。
ボルシャックドギラゴンは火をベースにしたデッキに今までなかった高い受け性能をもたらし、ドキンダムと組み合わせた、カウンタードキンダムというデッキタイプも生み出した。
S級侵略の存在も大きなものである。
デッドゾーンはかつての黒緑次元を原型としてブラックサイコと組み合わせた新たな超次元コントロールを確立。
サンマッドはオチャッピィと組み合わせたカウンター性能、手軽でマナに置いておける三打点のカードでビートにもコントロールにも難なく入る性能である。
アダムスキーはひたすら反復横跳びをしていた。

・正体判明のギュウジンマル!!
この弾は率直に言うと前弾と比べてそこまで強いカードが入っているわけではない。
影響を与えたのは赤単侵略に新たな選択肢を与えたレッドゾーンX、白単系統に新たな受けの手段として採用されたミラクルミラダンテの2つが表だったものであろう。

・革命スタートデッキ
革命チェンジとD2フィールドを取り入れたデッキであるが、パッと見て恐怖を感じるものがない。
ハムカツマン、カーネル、ザブラックなど小粒はしっかり揃っている。



おかしい...
開発部が環境を動かそうとしている形跡がドキンダム以降見当たらない。
マスターズクロニクルパックか?それとも超ブラックボックスパックか?
オールデリートや目的不明の作戦で全く新しいデッキを組めということか?
これらのパックに環境を大きく動かそうとするカードはないと言っていい。
開発部はとうとう飽きてしまったのか。
プレイヤーに丸投げし始めてしまったのか。

そう、プレイヤーに任せっきりにした可能性がある。
アナカラーデッドゾーン、子供サンマッド、サソリスギョギョウなどこの4、5ヶ月の間にプレイヤーは知識を振り絞り、赤単侵略という最大母数であり最大のカードパワーをもつデッキへの対抗策を考えさせられてきた。
どれだけ強いドキンダム率いる赤単侵略にも弱点があり、それをどう攻略していくかが開発部の見たかったGP2ndの環境ではないかと考えた。
背景ストーリーのような「ドキンダムvs全クリーチャー」の構図がGP2ndで展開されるかもしれない
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hazamanma

Author:hazamanma
ハザマと申します。
DMPでビートプレイヤーとして頑張らせてもらってます。
たまーに構築だったりを載せたりするので暇つぶしにでも見ていってくださいな。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。