スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今のヘルボロフ、昔のヘルボロフ

61Yq738BdzL.jpg

2016年2月28日、ドラグハート初の殿堂カードとなったウェルカムヘル。
勿論このカードの強力さを見れば納得の殿堂と言える。
まぁ汎用性が高いわけではなくヘルボロフというデッキタイプのみに関わる殿堂であったが、これによってデッキの方向性を変えることとなってしまった。
今でもこのデッキには幾らかプレイヤーは存在するが、最大母数であった頃のヘルボロフプレイヤーの大半は何故このデッキを諦めてしまったのか、それを考えていきたい。

・ウェルカムヘル1枚と2枚の差
ウェルカムヘルの枚数が変わることによって生じる大きな違いは何だろうか。
大まかに纏めると、
・ドラグナー攻撃時に展開できるクリーチャーの最大数。
・デスゴロス攻撃時の展開力に天地の差が出来る。
の2つだ。

一個目はいたってシンプル。
2つのウェルカムヘルを立てることが出来れば多彩な動きが出来る。
後続のニンジャリバンを引き出しながら解体でハンデス、もしくは進化元+ブラックサイコで打点とハンデスを一気に形成などなど。
ウェルカムヘル1つだと展開力は2つに比べて半分?いや、もっと低い。
ニンジャリバンレッドゥルからは更に2つのアドバンテージを稼げたが、1つではそんなにもアドバンテージを生み出せるはずがない。

二個目はデスゴロスに龍解すると一気に展開力が落ちる。
二個目のウェルカムヘルを立てれないので、二体目のヘルボロフは手出しでもデスゴロス効果で出しても前ほどのカードパワーは期待できない。
もしデスゴロスに龍解して、そこにプリンやらフリーズやらをブチ当てられたら涙するしかない。
我々は悲しみながらも出されたヘルボロフレッドゥルをツインキャノンワイバーンと呼んでいる。

・新カードの採用
カードパワーが落ちたデッキはどうするのか。
イメンなどでも見られた過程だが、他のパワーカードを積む、もしくはメタカードを積んで環境にもう一度アプローチするしかない。
最近積まれ始めているカードをいくつか見てみると、

・S級侵略 デッドゾーン
ヘルボロフやブラックサイコ、各種ドラグハートに侵略することが出来る除去持ちTブレイカー。
安易にデスゴロスに龍解出来なくなって足りなくなる打点を補えるのと、盤面除去にこのカードを用いることもできる。
ヘルボロフに乗せてしまうとドラグナーとしての性質を失ってしまう点には注意。

・ファンタズム・クラッチ
レッドゾーンやベアフガンに対するメタカード。
ターボ3やベアッサーなどからの更なる展開を抑えられる。
ただし、存在を知られてしまうと溜められる、全く刺さらないデッキもあるなどの弱点も考えると不安定なカード。

・革命の裁門
革命0トリガーの「非」確定除去。
ハヤブサマルのように使えるがその性質から構築を縛ったり、運ゲーを生み出してしまう。
防御手段としてはSトリガーよりは確実かもしれない。


新しく採用され始めているカードは攻撃性を高めるor守りを硬くするのどちらかである。
構築の時点である程度の割り切る点を見つけなければならないこと、そして、一つの判断ミスで大きなダメージを受けやすくなってしまった。
これらの変化から、上級者からは「前のような完全な形には戻れない」として、初心者からは「扱いが難しくなって勝てなくなってしまった」と考えられて手放してしまったのではないか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hazamanma

Author:hazamanma
ハザマと申します。
DMPでビートプレイヤーとして頑張らせてもらってます。
たまーに構築だったりを載せたりするので暇つぶしにでも見ていってくださいな。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。