スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑単サンマッド

今回はGP4thで使用した緑単サンマッドについての解説の記事になる。
先に言っておくが、質問は何でもウェルカムである。(必ず答えられるとは言えない)

【コンセプト】

自分の動きを相手よりも先に押し付けて勝つデッキである。
ループもビートもかなり高速で狙っていけるデッキとなっていることはレシピから明らかであろう。
また、それ故に、トリガーやシノビなどは一切採用していない。
これらが動きの阻害になってしまうことも多いのも理由の一つである。

【レシピと採用理由】

C9hDv2XUIAAEDsR.jpg 
ベイB ジャック 4
このデッキの核その1。
ビートプランにおいては横の展開のサポート&3マナ払って2打点追加。
ループにおいても余剰マナを生み出すことが出来るバグカード。
本来は1枚引ければいいカードだが、全てのプランにおいて最優先のカードなので4。

トレジャー・マップ 4
汎用サーチ。
様々なシナジーを活用するこのデッキにおいて1マナでパーツをかき集めることが出来るこのカードは極めて優秀。

桜風妖精 ステップル 4
酷使される新入り。
マナを伸ばしながら盤面に残るのでジャックから更なるマナを生み出したり、打点にもなる。
メンデルスゾーン。

雪精 ジャーベル 4
サーチがついた3コスト。
使いまわすことで確実にループに導いたり、後続を呼び込むことが出来る。
ビーストフォークではないらしい。

原始 サンナップ 4
様々な仕事ができる3コスト。
特にジャックナップヤドックをはじめとするビートプランや二種類の進化クリーチャーの下地になれる点が高く評価できる。
ナッツ型との差別化は十分に出来るパワーカード。

S級原始 サンマッド 4
デッキの核その2。
打点、除去、ループ、進化速攻なんでもござれ。
相手によっては複数枚絡めて盤面のコントロールやブーストの手段としても活用できる。
はよ殿堂しろ。

アラゴト・ムスビ 4
cipの使いまわし、基本的なループパーツ。
マナに逃がすことが出来、腐り辛いカードなので最大枚数。
ビートに重点を置くならばヤドックに枠を割く。

龍覇 マリニャン 4
軽減が作れるドラグナー。可愛い。
このコンセプトにおいては臨機応変にSA、ドロソなども選択できるがあくまでオマケ程度。

獣軍隊 ヤドック 3
スクランブル・チェンジ、ドラゴンズ・サインをはじめとした早期召喚、侵略、革命チェンジなどへのメタカードであり、現環境で見られるバトクロス・バトル、ホーリーなどの強力なトリガーを打ち消すことも出来る。
足止めとしてもフィニッシャーとしても、純粋なアグロデッキに次ぐこのデッキにとても噛み合っている。
ただ、性質上ゲームが長引くにつれて弱くなっていくので3枚。
このカエルと私のアイコンのカエルに特に関連性はない。

大勇者「鎖風車」 3
劣化版ゴエモンキーと思われがちなこのカードだが、このデッキでは2打点として重宝することもある(?)
呪文を回収できるのもゴエモンキーには無い利点だが、活かされることは構成上あまりない。

蛇手の親分 ゴエモンキー! 1
このデッキに慣れてくると鎖風車を使ってのループの方が回しやすくなるのでゴエモンキーはループ開始札としてのみ使われることが多くなるはず。

大神砕グレイトフル・ライフ 1
ヴォルグ・サンダー 1
今回のフィニッシャー。
悠久に止められるというデメリットこそあれ、
1.メインの枠一枚で済む
2.緑単色
3.墓地回収ができる
という利点があり、特に40枚を緑単色で構成出来ることはマナ武装を確実に発動させられる大きなメリットになる。
墓地回収の能力でオチャッピィを確定枠として取る必要がなくなった。
構成によっては他の超次元クリーチャーも展開できるが、ミランダ程の汎用性はないので現状ヴォルグのみ。

神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ 2
このデッキでは2軽減にしないとループには入れることが少なく、ほとんど意味がないので、確実に龍解出来るポイントを狙っていく。
ジャック効果でマナが生まれないことに注意。

極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド 各1
使える順に
ブルニカ
レッドゥル
ブラックロ
ホワイティ
グリーネ
ブルニカは二枚目が欲しくなる時があるが、グリーネはエウル=ブッカに間違えられるしか能がない。

【大きく分けて2つのプラン】
このデッキの到達点として
1.6点以上の打点でワンショット
2.ループでヴォルグを回しLO
の2つを主に意識する。

まず1.について。
このプランを取る場面は
・相手が速攻やNEXTなどで、ループに十分な余裕が取れないと判断した時
・見えているカードからループに入ることが困難だと判断した時
である。
このように表記するとサブプランのように思えるが実際は5:5である。
基本的にジャックのWB、サンマッドのTBを利用して6点以上の打点を作り上げていく。
リソースが刈り取られても決死の覚悟で殴ることで勝利をもぎ取ることも出来るので決して諦めない。

次に2.について。
このプランを取る場面は
・相手の受けに致命的なものがあると判断した時
・確実なフィニッシュが求められる時
である。
要するに、踏んではいけないものを回避するプランである。
一度殴ってみればわかるが、テック団の波壊Goなどはケアのしようがないカードである。
ループについては後程。

【各対面】

NEXT 1.>2. 五分
速度、除去ともに最高基準を誇るので悠長にループを構えられることは余程ない。
強いて言えば3tエウルブッカが決まった時ぐらいか。
従来の猿ループと違い、ジャックは早期に着地させるべきであり、ジャック+3コストetcの盤面を作りワンショットを狙っていく。
ヤドックの想定対面の一つであり、早期着地させればNEXT側からの解答をミツルギに絞ることが出来る。
サンマッド、ジャック、サンナップ、ヤドック

ロージアダンテ 2. 有利
優秀なトリガーで受けてくるデッキの得意分野に踏み込む必要は全くない。
出来るだけ早くエウルブッカを建設し、ループの構えを取る。
また、先にミラダンテが着地してしまうことがあるが3コストと複数体を盤面に撒いておくことでサンマッドで切り返すことも出来ることを覚えておく。
ついでに刺さるヤドック。
マリニャン、サンマッド、ヤドック

ゴエモンキー(ナッツ) 1.2. 五分
ループの点だけで見れば間違いなく敵わないので、ハンドによって臨機応変にプランを使い分けることが出来ることを利用する。
その場で解答を探す対面なのでコレといってテンプレートがない。

ゴエモンキー(サンナップ)1. 五分
じゃんけんして6点ぶち込むのがデュエルマスターズ。

ジョーカーズ 1.>2. 微不利
ヤドックで足止めこそ出来る対面だが、小型+ナッシングゼロで即死が見えるため、想定しうる最速のプランを選択する。
センノーによって侵略サンマッドが止められることに注意して立ち回る。
サンマッド、ジャック、ヤドック、サンナップ

ビックマナ 2.>1. 有利
大型ハンデスでゲームを持っていかれることがあるが、アラゴトを活用するなどしてある程度ケアは出来る。
エウルブッカを建てることを目指すゲームプランを心がける。
筆者はワイルドサファリというカードが見えたら雑にパンチしてしまうことがある。
マリニャン、ジャック、ステップル、ジャーベル

(白)青黒コントロール 2.>1. 有利
墳墓に気を付けながらマナ、ハンドのリソースを拡張していく。
最近ではダイスベガス+αのパッケージが採用されており殴り勝つのは難しくなったが、その分ハンデス量は減っている。
一度エウルブッカが建てば楽な試合運びとなることが多い。
マリニャン、ジャーベル、アラゴト

【ループについて】
ここではループについて話していきたいところだが、どうにもルートが多いので幾つか重要なものの、必要パーツだけを紹介させてもらう。
同じパーツを使う場合でも順序が前後することもあり、何よりパターンで覚えることがあまり好ましいことではないからだ。
是非、手元のカードで回してみて手順を作ってみて欲しい。
twitter上でえむつー(@RANUNCULUSstone)ら有志がループ手順を動画でアップしているのでそちらも参考にしていただきたい。

・3コストcipループ 2軽減(ジャック)
サンナップorジャーベル、サンマッド、アラゴト
2軽減ジャックでサンナップならアンタップマナ+2、ジャーベルは-1。
2軽減でサンナップはアンタップ±0で無限ブースト。
必要パーツのサーチに用いる。

・ジャーベルcipループ 2軽減(ジャック)
サンナップ2、鎖風車2、サンマッド2、ジャーベル
あまり使われない。
サンナップ+鎖風車は1セットをゴエモンキー、アラゴトなどで代用可。
ただしアラゴトは山札を削ることに注意。

・基本フィニッシュ 2軽減+ジャック
サンナップ2、鎖風車2、ジャーベルorサンナップ、サンマッド3、ヤドック、グレイトフルライフ
2週させてグレイトフルライフとヴォルグを交互に片付けていく。
グレイトフルライフにかかるコストが大きく、鎖風車の回収枚数が増えてしまうこともあるので余裕があれば3軽減を作る。

・フィニッシュ ver.サンマッド×2 3軽減+ジャック(2軽減でも可)
サンナップ2、鎖風車3、ジャーベルorサンナップ、サンマッド2、ヤドック、グレイトフルライフ
覚えているとドヤれるループ。
怖い人は素直にギョウを積みましょう。

スポンサーサイト

GP4th(緑単サンマッド) レポート編

つい先日GP4thが東京都池袋で開催された。
本大会は募集の段階で公式にも「0回戦」と表現されるほどの競争率であった。
運良く出場権を手にしたので4/16(日)に向けて調整することとなった。

【前準備】

では、調整に移る前に自分の所持デッキを確認してみよう。
・緑単サソリス
・緑単ゴエモンキー
・緑単ベアフガン

3bb20cd5.jpg


我ながら終わっている選択肢だ...。
いや、一旦落ち着こう。新弾を見れば何か思いつくかもしれない。


ダウンロード (1) 


コイツ強すぎねーか???
ビートダウンにおいてもループにおいても実質1コス軽い青銅としてのバリューが凄まじすぎる。
結局緑がすごい。


まず初期に立案したのがこちらのレシピ。


4 x ベイB ジャック
4 x トレジャー・マップ
4 x 桜風妖精ステップル
4 x 雪精 ジャーベル
4 x 原始 サンナップ
4 x S級原始 サンマッド
4 x 龍覇 マリニャン
3 x アラゴト・ムスビ
3 x 大勇者「鎖風車」
1 x トンギヌスの槍
1 x 蛇手の親分ゴエモンキー!
2 x 青銅の面 ナム=ダエッド
2 x 天真妖精オチャッピィ
3 x 神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ/遺跡類神秘目 レジル=エウル=ブッカ
1 x 龍魂城閣 レッドゥル/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂教会 ホワイティ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂遺跡 グリーネ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂宮殿 ブラックロ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂要塞 ブルニカ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド


この時点でサンナップがループやビートに使いやすく、流行のナッツ型と差別化を果たせていることを確信する。
だが、このレシピではアグロを取るメリットがそこまで大きいものでは無かったのは明らかであろう。
受け札も無いので大会向けとは言えない。


さて、どうしたものか...
そうやって悩んでいたころ、たまたま黒木氏さんがvaultで殿堂ゼロでプレイしているところを見かけた。
息抜きに別のレギュレーションで遊ぶのもいいかもしれない。
そこで、殿堂ゼロで一番気になったレシピがコレだ。


20170220193910.jpg 


しあさんの「緑単ギフト」である。
こういった色々な搦め手が使えるビートダウンは昔から大好きであった。
そしてこのレシピで強い動きの一つにジャックサンナップヤドック+サンマッドというものがあった。
この動きは何一つ殿堂にかかっていない。
これは早速投入するしかない。


4 x ベイB ジャック
4 x トレジャー・マップ
4 x 桜風妖精ステップル
4 x 雪精 ジャーベル
4 x 原始 サンナップ
4 x S級原始 サンマッド
4 x アラゴト・ムスビ
4 x 龍覇 マリニャン
3 x 獣軍隊 ヤドック
3 x 大勇者「鎖風車」
1 x 蛇手の親分ゴエモンキー!
1 x 「呪」の頂 サスペンス
2 x 神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ/遺跡類神秘目 レジル=エウル=ブッカ
1 x 龍魂城閣 レッドゥル/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂教会 ホワイティ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂遺跡 グリーネ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂宮殿 ブラックロ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂要塞 ブルニカ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 神光の龍槍 ウルオヴェリア/神光の精霊龍 ウルティマリア


ヤドックの性能がおかしい。
発売当初こそ噛み合うデッキが少なかったが、今では確実にターンを稼ぐ手段となっている。
そしてこのデッキはキルターンがループ、ビートともに今まで存在したデッキの中でもダントツに早い部類であり1,2ターンもあれば相手の息の根を止めるには十分である。
これによってかなり強力なビートプランとメタカードを手に入れた。
ほとんど完成と言っていいほどの状態まで来ていた。


だが、まだこのデッキはまだ一つ欠点を抱えていた。
ループにおけるフィニッシャーである。
先程からコロコロとフィニッシャーが変わっているが、どれも納得がいかないものばかりだからだ。
頭を捻っていたところにどこぞの魚から一つの画像が送られてきた。


C8aV8V5VoAEvyiG.jpg 

いやー、とうとう頭壊れちまったか~HAHAHAHAHA








g5394774.jpg 

コイツか!!!


この発見は凄まじい!!
今までのフィニッシャーは、
・1枚で完結しているが自然文明でない
・自然文明であるが単体ではループ出来ない
のどちらかであった。
メイド・リン・ララバイなどはゴエモンキーとオール・オーバー・ザ・ワールドを絡めれば一枚でも済んだが、ゴエモンキーが盾に落ちてしまっては目も当てられない。
鎖風車でも回せるフィニッシャーが必要とされていた。
グレイトフル・ライフはその全ての条件を満たしていた。
次元を1枠喰らってしまうが、ウルオヴェリアを使ったという話はシェアしている仲間たちから聞いたことがなかったので何も問題はない。


全ての意見がまとまった。


C9hDv2XUIAAEDsR.jpg 


4 x ベイB ジャック
4 x トレジャー・マップ
4 x 桜風妖精ステップル
4 x 雪精 ジャーベル
4 x 原始 サンナップ
4 x S級原始 サンマッド
4 x アラゴト・ムスビ
4 x 龍覇 マリニャン
3 x 獣軍隊 ヤドック
3 x 大勇者「鎖風車」
1 x 蛇手の親分ゴエモンキー!
1 x 大神砕グレイトフル・ライフ
2 x 神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ/遺跡類神秘目 レジル=エウル=ブッカ
1 x 龍魂城閣 レッドゥル/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂教会 ホワイティ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂遺跡 グリーネ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂宮殿 ブラックロ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂要塞 ブルニカ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー


納得の完成度。
コレなら上位入賞、更には優勝も夢じゃない。


気付いたら自分の知らないうちに様々な身内にシェアされ始めていた。
ビルダーとしては有り難いことである。


意気揚々と池袋へと向かう。



【GP当日】
一回戦、指定された席へと座る。
二つ隣にはCS会場で会える・話せる・チェキが取れるアイドル、塩見周子が座っているので少し安心した。
彼女も48枚同じデッキをシェアしている一人だ。
しかし安心したのも束の間、塩見周子の目の前に置かれたネームプレートを見てしまった。

「 し あ 」

いきなり頭が上がらない人が現れてしまった。
気になってチラチラとしあさんの超次元を確認する
ボアロ、エウル、エウル、ブルニカ、レッドゥル、ブラックロ、ウルオ
間違いない...
少々違うが基盤はほとんど同じであろう。
試合開始の合図がかかるが、目の前の相手に構ってる場合ではない‼
耐えてくれ‼まっきち‼









結局、自分は一回戦を辛勝したが、まっきちは無残な姿で発見された。
敗因は一つ、じゃんけんに負けたのだ。
この対面が不毛であることはGP前日になってやっと確認したものである。
この対面においてループなんて微塵も必要がない、先に6点ぶつけた方が勝つ。
後手に回ったらどうしようもないのである。


こんな対面起こるわけがない‼と豪語していことが後に悲劇を生み出すとは...





予選の戦績は以下の通りになった。
()内はじゃんけんの勝敗である。


NEXT○(×)
5cバスター○(×)
NEXT×(×)
トリガービート○(×)
5cコン○(○)
NEXT○(×)(フィーチャーマッチ,vs千葉ビートさん)
武装ビマナ×(×)
ドロマーダンテ○(×)


フィーチャーマッチは自分でいうのもなんだが、かなりアツい試合であった。
是非タイムシフトかDigのカバレージを見て頂きたい。


予選結果は6-2、105位予選通過だ。
マッチングしたプレイヤーのうち三名が予選通過というオポーネント的に嬉しい結果となった。




決勝一回戦の相手はWINNERS店長、パタ@いっせー選手であった。
恐るべき相手だが、手の内が割れているのであれば話は違う。
青黒バッシュというデッキは形は違えどTIGHTが回しているのを見て確信した、ヤドックにとてつもなく弱い。
そして何よりこちらの方がフィニッシュにかかるまでが早いのだ、じゃんけんに負けても間に合う。
グレイトフル・ライフが盾落ちしてしまったが難なく殴り切ることに成功する、まずは一勝。


二回戦の相手はagehanto選手、次元を確認しよう。
ボアロ、エウル、エウル、ブルニカ、レッドゥル、ブラックロ、ウルオ








最初はグー‼ジャンケンポン‼


































総合戦績は7-3、じゃんけんは1-9。
ちなみにチームヘルペンタゴンはリーダー、サブリーダーの畳、合わせて14-5であった。


C9hNJsbVYAAb_eM.jpg 

シェアしてくれた畳、ラプト、ナカジマ、ハマチ、まっきち他沢山の身内にありがとう。
みんな口を揃えて「コレが最強のデッキだった」と言ってくれて涙が出るくらい嬉しかった。


みんなと戦えて本当によかった。






















ナカジマ「で、これどうやってループすんの」


プロフィール

hazamanma

Author:hazamanma
ハザマと申します。
DMPでビートプレイヤーとして頑張らせてもらってます。
たまーに構築だったりを載せたりするので暇つぶしにでも見ていってくださいな。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。