FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡CS

静岡CSに参加してきました。

言い訳から入ってしまうのですが、今回は正直言って全く調整する時間がなく、チームに代走として入るのが決まったのが丁度一週間前の土曜日であり、それまで全くDMを触っていなかったのであります。
ただ、これは短い時間でどこまで環境を読み切ることが出来るかというチャレンジとみなすことも出来ました。

まず、今回握ったのは《ベアフガン》。
選択した理由として、
・流行していた《モルトNEXT》、《サザン》に対して明確なプランが組みやすいため
・ゲームスピードが早く、プレイミスを極限まで減らすことが出来るため
の二つが主な理由になります。
特に《モルトNEXT》に対して先行して押し付けるムーブが出来るという点を買いました。

結果としてこの選択は失敗でしたが。

レシピはこちら。

4 x 冒険妖精ポレゴン
4 x スナイプ・モスキート
4 x 原始 サンナップ
4 x 獣軍隊 ベアッサー
4 x S級原始 サンマッド
4 x 超獣軍隊 ベアフガン
4 x トレジャー・マップ
3 x 雪精 ジャーベル
3 x 密林の総督ハックル・キリンソーヤ
3 x 二族 ンババ
2 x 革命の巨石
1 x ダンディ・ナスオ

1 x 邪帝斧 ボアロアックス/邪帝遺跡 ボアロパゴス/我臥牙 ヴェロキボアロス
2 x 神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ/遺跡類神秘目 レジル=エウル=ブッカ
1 x 龍魂教会 ホワイティ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂要塞 ブルニカ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂宮殿 ブラックロ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂城閣 レッドゥル/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂遺跡 グリーネ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド

『主な対面へのプラン』
《モルトNEXT》
主に3キル、少なくとも3t目にベアフガンの着地を狙います。
受けの巨石はNEXT+ドギラゴン剣+ジアースのセットで簡単に突破されるのであくまで保険です。
《サザン》
率先してオリオティスを立ててくるため、ベアフガンのプランを捨てサンマッド+ンババのセットで盤面の処理に集中します。
サンマッドの制圧力が高く一度盤面で有利を取ってしまえば、相手の受けをケアする手段が格段に増えます。
《緑単サソリス、ゴエモンキー》
さっさと殴ってしまいましょう。オチャッピィ+サンマッドでベアッサーを処理される可能性もあるので余裕があればサンナップ+ベアッサーから。
《ビッグマナ》
臆せず最速で突っ込みます。
プチョヘンザを立てられる前にベアフガンを絡めてしまいましょう。
《ロージアダンテ》
基本的に溜めるプランを選択します。
相手にリソースを与えるのが危険なので3コスを横に並べてミラダンテⅫの返しにサンマッドで対応できるように構えます。

では、何が失敗だったのか。
「《モルトNEXT》のデッキパワーを見くびっていた」ことです。
言い方が悪いですが、あのデッキはプレイングが介在することなくカードパワーだけで相手を倒してしまうことが起こります。
実際に二日間で《モルトNEXT》に対面した回数は9回もありますが戦績は4勝5敗で、敗因は、
・メンデル2ブーストで捲られる→3回
・ボルシャック・ドギラゴンで解答を捲られる→2回
でした。
《ベアフガン》の優位性はいとも容易くへし折られます。
《モルトNEXT》に対してスピード勝負を仕掛けるのが愚策でした。

初めに予想していた《モルトNEXT》と《サザン》の二強環境は後者のプレイングの要求の高さ故に実現するはずもありませんでした。
今回の環境読みは失敗だったと言わざるを得ません。
スポンサーサイト
プロフィール

hazamanma

Author:hazamanma
ハザマと申します。
DMPでビートプレイヤーとして頑張らせてもらってます。
たまーに構築だったりを載せたりするので暇つぶしにでも見ていってくださいな。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。