FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強いメタカード、弱いメタカード

あるデッキがどうしても勝ち越せないデッキに対する対策として「メタカード」の採用が検討されることはよくあることです。
メタカードにも多くのカードがあり、大きく分けると
1.自分の動きの中で相手をメタるカード
2.動きとは関係なしに一枚で相手に強く圧力をかけるカード
の二つがあります。
赤単侵略を例にあげると、前者は、5000GT、ムシャホール、革命の鉄拳などがあり、これらは相手のデッキタイプに依存せずに相手の動きの阻害をしながら別の動きもすることができるカード群です。
後者は有名なところでは、オリオティス、バトウ、ファンクなどです。
これらは一部のデッキにしか刺さらず、メタ読みの失敗や当たり運によって価値を失ってしまいます。
両方とも強みがあるので少し例を基に考えてみましょう。

例.1
想定する環境の3大トップが
・赤単侵略
・アナカラーデッドゾーン
・サソリス
だとしましょう。
これらのデッキはビート、呪文コントロール、クリーチャーコントロールと分類でき、各々に対して強力なメタカードを採用するほど枠を割くと自分の動きが明らかに弱くなったり、まとまったデッキが出来ません。
このような環境では1.のカードで少しだけ対策をしてデッキのカードパワーで戦うことが一番ふさわしいです。

例.2
想定する環境の3大トップが
・刃鬼
・アナカラーデッドゾーン
・イメンブーゴ
だとしましょう。
これらのデッキはコントロールであり、ある程度まとまった環境なので2.のカードが刺さりやすいです。
アナカラーと刃鬼を見てバトウ、全体を見てマグナム系統などをすんなり入れることができます。

環境を読むときはどのようなデッキタイプが多いかということを考えるのも大事ですが、こんな風に何が刺さりやすいか、ということを考えてみるのもいいかもしれません。
スポンサーサイト

緑単サソリスギョギョウ

000000094580.jpg

最近流行ってますよねーこのデッキタイプ。
カードパワー自体はそこまで高いわけではなく噛み合いで有利を取っているデッキが多いので環境が変わると安定しづらいですがハマると存分に強みを発揮できるデッキです。

4 x 龍覇 サソリス
4 x 龍覇 マリニャン
4 x 天真妖精オチャッピィ
4 x 霞み妖精ジャスミン
4 x トレジャー・マップ
4 x 雪精 ジャーベル
2 x 革命目 ギョギョウ
2 x S級原始 サンマッド
2 x 侵革目 パラスラプト
2 x 雪精 チャケ
2 x 古龍遺跡エウル=ブッカ
1 x 次元流の豪力
1 x 掘師の銀
1 x ダンディ・ナスオ
1 x 鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス
1 x 光牙忍ハヤブサマル
1 x 霊騎ラグマール
1 x 神秘の集う遺跡 エウル=ブッカ/遺跡類神秘目 レジル=エウル=ブッカ
2 x 邪帝斧 ボアロアックス/邪帝遺跡 ボアロパゴス/我臥牙 ヴェロキボアロス
1 x 龍魂城閣 レッドゥル/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂教会 ホワイティ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 無敵剣 プロト・ギガハート/最強龍 オウギンガ・ゼロ
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン

《コンセプト》
ボアロ及びギョギョウの展開力及び封殺力の高さを利用して盤面を徐々に制圧していくデッキです。
ハンデスやランデスこそないですがギョギョウ&ラグマール、チャケで相手の展開を阻害することで補うことができます。

《採用カード》
龍覇 サソリス
ボアロアックスを装備できるドラグナー。展開要因その1。
自分から盤面を作っていく起点となるカードであり、ボアロパゴスを如何に作るかがポイントになります。

龍覇 マリニャン
各種ドラグハートを使い分けるドラグナー。
基本はエウルブッカ設置による展開補助になります。

雪精 ジャーベル
このデッキのために存在してるようなカードです。
序盤の潤滑剤からパゴス建設後の展開札までこなす万能カードです。
パゴスを建てるまでに一枚はマナかハンドにキープしておきたいですね。

革命目 ギョギョウ
サソリスと対をなす展開要因その2。
こちらはボアロと違って受け身での展開になります。
相手の強力な動きの前に着地してアドバンテージを稼ぐ、もしくは革命2を利用して殴り返し、制圧としても使えます。
このカードはボアロパゴスからは出せないので如何にハンドに握りこむかがカギになります。

侵革目パラスラプト
なんでアンタップで置かれるんですかね...
破壊やハンデスをメインとするデッキにはこれ一枚で莫大なマナを手に入れられ、ビート相手には革命2を使って展開力を得られます。
割と限定的に輝くカード。

雪精 チャケ
モルト系統殺すマン。
ワンショットをしてくる相手には早期に建てましょう。
オールデリートもこれ一枚でケアが出来ます。

古龍遺跡 エウル=ブッカ
クリーチャーにアクセス出来ない札ですがギョギョウの盤面のロックの為に相手の盤面を掃除することが出来ます。
Sトリガーはオマケなのでお守り程度で。

次元流の豪力
パゴス龍解するための札です。
引けたらラッキー。

ダンディ・ナスオ
イメン程ではないですが展開パーツを持ってこれます。ほぼパゴス前提ですけど。

《各デッキに対する立ち回り》
赤単侵略
ギミック知られてないとパンチしてくるのでお茶サンマッドorギョギョウで楽に返せます。
問題は溜めてきたりターボ3のみで攻撃されて革命2が発動できないときで、チャケやハヤブサでキルをギリギリまで遅延しなければいけません。
ギョギョウ出る前にGTだったりエンターテイナーだったりでもキツくなるので不利対面です。

アナカラーデッドゾーン
警戒するべきはホールサイコであり、ハンドキープと不用意に場に展開しないことを意識します。
一度ギョギョウかパゴスを作ったらさっさとワンショットしましょう。

モルトNEXT
ジャックポット型であれば早期のギョギョウに対する解答がありません。パゴス&オチャで構えるのも有効打です。
カウンター型は鉄拳でギョギョウが剥がされたり、打点をいくら作ってもボルドギモーツァルトや禁断解放で止められてしまいます。
禁断解放を誘ってお茶サンマッドでドキンダムを退かす用意をしてからワンショットを狙いましょう。

イメン
展開の速さでこちらが勝るのでパクリオにだけ注意してパゴス建設を目指します。
相手からのワンショットに注意しながらこちらもワンショットを狙える態勢を作りましょう。

天門
ミラクルミラダンテはコマンドしか止められないので大量打点にキリューを絡めてワンショットを狙うとすんなり倒せます。
ループ型は諦めましょう。

刃鬼
エタトラがキツいですが相手の刃鬼の展開はギョギョウラグマで止められます。
盤面をキレイにしながら相手の息切れを待ってワンショットします。

ベアフガン
ジャングル クマ サイキョウ

何か質問などあればコメントしてもらえるとありがたいです。

今のヘルボロフ、昔のヘルボロフ

61Yq738BdzL.jpg

2016年2月28日、ドラグハート初の殿堂カードとなったウェルカムヘル。
勿論このカードの強力さを見れば納得の殿堂と言える。
まぁ汎用性が高いわけではなくヘルボロフというデッキタイプのみに関わる殿堂であったが、これによってデッキの方向性を変えることとなってしまった。
今でもこのデッキには幾らかプレイヤーは存在するが、最大母数であった頃のヘルボロフプレイヤーの大半は何故このデッキを諦めてしまったのか、それを考えていきたい。

・ウェルカムヘル1枚と2枚の差
ウェルカムヘルの枚数が変わることによって生じる大きな違いは何だろうか。
大まかに纏めると、
・ドラグナー攻撃時に展開できるクリーチャーの最大数。
・デスゴロス攻撃時の展開力に天地の差が出来る。
の2つだ。

一個目はいたってシンプル。
2つのウェルカムヘルを立てることが出来れば多彩な動きが出来る。
後続のニンジャリバンを引き出しながら解体でハンデス、もしくは進化元+ブラックサイコで打点とハンデスを一気に形成などなど。
ウェルカムヘル1つだと展開力は2つに比べて半分?いや、もっと低い。
ニンジャリバンレッドゥルからは更に2つのアドバンテージを稼げたが、1つではそんなにもアドバンテージを生み出せるはずがない。

二個目はデスゴロスに龍解すると一気に展開力が落ちる。
二個目のウェルカムヘルを立てれないので、二体目のヘルボロフは手出しでもデスゴロス効果で出しても前ほどのカードパワーは期待できない。
もしデスゴロスに龍解して、そこにプリンやらフリーズやらをブチ当てられたら涙するしかない。
我々は悲しみながらも出されたヘルボロフレッドゥルをツインキャノンワイバーンと呼んでいる。

・新カードの採用
カードパワーが落ちたデッキはどうするのか。
イメンなどでも見られた過程だが、他のパワーカードを積む、もしくはメタカードを積んで環境にもう一度アプローチするしかない。
最近積まれ始めているカードをいくつか見てみると、

・S級侵略 デッドゾーン
ヘルボロフやブラックサイコ、各種ドラグハートに侵略することが出来る除去持ちTブレイカー。
安易にデスゴロスに龍解出来なくなって足りなくなる打点を補えるのと、盤面除去にこのカードを用いることもできる。
ヘルボロフに乗せてしまうとドラグナーとしての性質を失ってしまう点には注意。

・ファンタズム・クラッチ
レッドゾーンやベアフガンに対するメタカード。
ターボ3やベアッサーなどからの更なる展開を抑えられる。
ただし、存在を知られてしまうと溜められる、全く刺さらないデッキもあるなどの弱点も考えると不安定なカード。

・革命の裁門
革命0トリガーの「非」確定除去。
ハヤブサマルのように使えるがその性質から構築を縛ったり、運ゲーを生み出してしまう。
防御手段としてはSトリガーよりは確実かもしれない。


新しく採用され始めているカードは攻撃性を高めるor守りを硬くするのどちらかである。
構築の時点である程度の割り切る点を見つけなければならないこと、そして、一つの判断ミスで大きなダメージを受けやすくなってしまった。
これらの変化から、上級者からは「前のような完全な形には戻れない」として、初心者からは「扱いが難しくなって勝てなくなってしまった」と考えられて手放してしまったのではないか。

デュエルマスターズの別の楽しみ方

通常環境ばかりやっていても上手くいかないことがありストレスを溜めてしまうこともある。
そんなときに他の楽しみ方を知っておくとストレス発散と同時に色々な新しい物事の見方を見つけられるかもしれない。
今回はたまにやっている息抜きをいくつか紹介しよう。

・キューブドラフト
かなり知名度がある遊び方であるが、デッキ構築やらプレイングやら対戦相手の考察やら色々考えることがあって面白い。
昔のカードを使ってド派手なことをしたり、感慨にふけるのもアリだ。

・ブースタードラフト
ショップなどにいてお金さえあればすぐにプレイできる。
新しいカードの使い方を見つけたりすることも出来るし、単純にパックを剥く楽しさもある。
順取りになると皆の目の色が変わる。

・ボルコンミラー
ぶっ飛んだカードが特になくそれなりにルールを制定すれば純粋なアドバンテージの取り合いを楽しめる。
ボルメテウス弱いから抜きたい。

・黒緑速攻ミラー
つまらなそうに見えるがビートの全てはここに詰まっている。
ハマると普通のDMやってるのがアホらしくなってくる。
一つのデッキをハーフにしてやってもいい。

・殿堂ゼロ
キューブとか扉とかド派手に遊べるDMにおけるモダン。
ダーツデリートとかキクパトとかつまんねーからやめよ?

普通のデュエマに飽きたらこんな風に他の楽しみを見つけるのも一興だと思う。
なんか面白い遊び方あったら教えてくだされ。

マーシャルクロウラーループ(デュエロウ)

card100013393_1.jpg

phalanxさん原案のマークロループをいじっていたので紹介したいと思います。
マーシャルクロウラーと目的不明のおかげで色んなフィニッシャーやらギミックやらを積みこめるのが強みですね。

4 x マーシャル・クロウラー
4 x フォース・アゲイン
4 x フェアリー・シャワー
4 x フェアリー・ギフト
4 x サイバー・ブック
4 x 金縛の天秤
4 x Rev.タイマン
4 x 目的不明の作戦
2 x 悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス
2 x エマージェンシー・タイフーン
2 x 龍脈術 水霊の計
1 x 夢の兵器 デュエロウ
1 x ミスティック・クリエーション

まず初めにこのデッキのフィニッシャーであるデュエロウの紹介を

夢の兵器 デュエロウ UC 水文明 (5)
クリーチャー:ジ・アンサー 3000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを2枚引く。その後、相手はカードを1枚引く。
自分の水の呪文を唱えるコストを最大2少なくしてもよい。ただし、コストは0以下にならない。

最新弾のカードですね。
これとマークロにアゲインを打ち込み続けるだけで相手にいっぱいドローさせてあげる優しいループです。
こいつの強みは
・ループが簡略化出来る
・ギフトデュエロウから大量アドバンテージを取りに行ける
の2つです。

一つ目は、山札を固定することでループにかかる時間をかなり短縮することが出来ました。
アカレコCSでは悠久を墓地に落としてシャッフルを何度も繰り返すことでもはや遅延行為スレスレのレベルでしたが今回は楽です。
まず、マーシャルクロウラーの効果でアゲインを何度も打ちながらデッキを何度も回し、フェアリーシャワーを複数回撃って5マナ作ります。
ハンドはどれでも好きなものにこの時点で出来るので「デュエロウ、ギフト、アゲイン、(目的不明orアゲイン)×2、その他ドローソース」をハンドに揃えるところからLOを狙います。
s_DSC_0059.jpg
ギフトデュエロウ(3マナ)、アゲイン(軽減で2マナ)でマーシャルクロウラー効果でアゲインを複数回撃ち一つをマークロに、残りをデュエロウにストック、ドロソは山札が切れないところまで撃ちます。
s_DSC_0061.jpg
デュエロウ効果はストックしただけドローに繋がるのでアゲインを撃てるところではもったいぶる必要もありません。
山札が五枚以下になると
目的不明アゲイン目的不明アゲイン目的不明アゲイン
アゲイン目的不明アゲイン目的不明アゲイン
目的不明アゲイン目的不明アゲイン
のいずれかになり、この時点でマークロ、デュエロウともに1ストックは入っていると思います。s_DSC_0062.jpg

デュエロウ効果でドローするのは間違いなく目的不明とアゲイン。
マークロでアゲイン目的不明目的不明アゲインで1ストックずつ。
これで相手に1ドロー、自分は必ず目的不明とアゲインをドローし山札を再構成出来るので相手のみLOに持ち込めます。
目的不明天門とギミックとしてはほぼ同じですね。

二つ目はデュエロウの効果で呪文が2コスト軽減で撃てることで除去されるまでドローやブーストを1ターンに何度も打つことが出来ます。
アナカラーなどにはプレイできないですが、フィニッシャー以外の強みを持っているのは他のフィニッシャーにない利点です。

まさに夢の兵器といっていいでしょう。

各種カード紹介

・フェアリー・シャワー
このデッキ唯一のブースト。
ギフトだけではマーシャルクロウラーに辿り着けないことも多く、またフィニッシュルートに入る際に重宝します。

・フェアリー・ギフト
速度の高いデッキに対する解答の一つ。
ギフトを二枚使うこともありますが、少ないハンドから回せなくなることもあるので注意。

・金縛の天秤
ドロソ兼防御札。

・Rev.タイマン
憎きマナロックやベアッサーに当てることで遅延も可能な自然のスパーク。
単体効果も全体効果も実に理に適っている。

・悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス
山札再構成の要員。ヴォルグ対策。

・水霊の計
どうでもいいけどこのデッキキクチカレイコで止まります。
一応メタカード潰せるのと大型ドロソとして採用してます。

他にもフィニッシャーが
・各種超次元呪文
・メイドリンララバイ
・アレフティナ
etc...
などが存在しますので好きなものを使ってみるのがいいんじゃないでしょうか。

黒単ヘルボロフ

ウェルカムヘルが殿堂して早一か月が経ちますが未だに勢いが衰えていないこのデッキ。
今日のハチ公CSで握る予定でしたが諸事情で出られなくなってしまったので憂さ晴らしで考えてたことでも書こうと思います。

4 x 極・龍覇 ヘルボロフ
4 x 龍覇 ニンジャリバン
4 x 解体人形ジェニー
4 x 暗黒鎧 ヴェイダー
4 x 一撃奪取 ブラッドレイン
3 x 停滞の影タイム・トリッパー
4 x 魔狼月下城の咆哮
3 x 復讐 ブラックサイコ
3 x 百発人形マグナム
2 x 白骨の守護者ホネンビー
1 x インフェルノ・サイン
4 x 凶殺皇 デス・ハンズ

1 x 極真王殿 ウェルカム・ヘル/極・魔壊王 デスゴロス
3 x 龍魂城閣 レッドゥル/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂遺跡 グリーネ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 龍魂教会 ホワイティ/極真龍魂 オール・オーバー・ザ・ワールド
1 x 悪夢卍 ミガワリ/忍者屋敷 カラクリガエシ/絡繰の悪魔龍 ウツセミヘンゲ
1 x 魂喰いの魔狼月下城/魔狼の悪魔龍 ミナゴロッセオ

大体のことはもうわかっていると思うので他と違うところをさらっと。

レッドゥル×3
展開力が著しく低くなったのをビートプランやSAの数を単純に増やすためにここは3でいいと思っています。

受けトリガー、デスハンズ4、咆哮4
クラッチが流行っていますがヴェイダーの安定性の欠如、そして溜められることに対して無力な札であることから特攻人形など軽量ハンデスを乱発出来る形でなければ旨みを感じない、またその方針にすると青黒ハンデスの劣化となる恐れがあったのでこれらのカードは採用してません。

デッドゾーンなし
デッドゾーンによって得られる恩恵は確かに大きいですが、このカードの強みである複数体除去はホールを絡める必要があったり、一番組み合わせやすいヘルボロフに乗せることはドラグナーを一体失うことにもなり、かなりビート寄りのデッキになってしまいます。
何よりハンドキープするのがダルい、その分の恩恵はアナカラーなどに比べてそこまで大きなものでもなかったこともありますね。

殿堂カードの強み

最近自分の構築に不満たっぷりなので一番悩んだところを一つ纏めておこうと思う。
殿堂カードという構築上一枚しか積むことが出来ないカードについてだ。

いや、確かにカードパワー高いから殿堂したんだけどさ、一枚じゃん一枚。
絡まない試合の方が多いんじゃないって話。
サーチはほぼアナカラーにしかないし、絡んだ時に少しだけ最大値上がるかも?ってぐらいの認識。

現環境で使われてるもので例を挙げてみると、
・インフェルノ・サイン
トリガー付きリアニメイトだが、現在のヘルボロフは墓地肥しがヴェイダー、ヘルボロフ+αしかない。
ウェルカムヘルが減ったから入れなくてもいいんじゃないかって人もいると思うけど、ドラグナーの展開手段が減ってしまったからこのカードを疑似的に9枚目のドラグナーとして見てみるのもありなんじゃないかな。

・ボルバルザーク・エクス
刃鬼のエクスは多分積んでるスペースキッツイと思うからノーコメント。
モルネクのエクスはマナロックとか絡まなくてもガイNEXTでトドメ刺して鉄拳ボルドギケアだったり、エクス覇ギガハートだったり出来るから、対ビートで絡めばキルルート増やせるから確実に入ると思う。

・光牙忍 ハヤブサマル
このカード今滅茶苦茶弱いんですよ。
フルパワー出し切れるのがアナカラーくらいだと思う。
他のデッキだと盤面制圧走れないor一点止めたところで受けが薄いからサヨナラ。

・カモンミランダ
サンマッドに入れてる人多いけど強み何なんでしょうね。
リュウセイじゃなくて他の出したい盤面あるからホールの方が嬉しい盤面多くないかな。

・ロマネスク
刃鬼のこいつはサイコの的とか多色事故とか色々やらかしてくれる。
セブンスタワーにゃ敵わんか。

・斬隠 オロチ
このカードを赤単侵略相手に7マナまで伸ばしながらキープするのとても辛い、大体のデッキでマナ回収手段少ないし。
安全性やらマナロック封じれたりとかゼロカゲに枠譲ることになりそう。

一枚のカードで戦術組めないからスパーの時は抜いてもいいんじゃない?
プロフィール

hazamanma

Author:hazamanma
ハザマと申します。
DMPでビートプレイヤーとして頑張らせてもらってます。
たまーに構築だったりを載せたりするので暇つぶしにでも見ていってくださいな。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。